不動産担保ローンとは|不動産担保ローン・持分融資の株式会社ユーコー 

不動産担保ローンのユーコー

不動産担保でのご融資は、ユーコーで!

当社は創業以来43年間、不動産担保ローンを一筋、専業でやっています。だから、お客さまへのご対応が他業者様との違いがたくさんあります。持分融資の先駆者!

不動産担保融資の無料相談は、

月〜金9:00-18:00 貸金業務取扱主任者がご対応します。

  1. 現在位置:
  2.   
  3. 不動産担保ローンとは?

不動産担保ローンとは?

個人向け、事業者・法人向けのご融資にあっては、担保担保とは、金融、貸金業において、
「債務の履行(弁済)を確実にするために、債務者から債権者に提供されるもの」をいいます。
被担保債権に係る債務者以外の第三者に対する債権という形をとる担保を人的担保と呼び、物や権利に対する対世的な権利という形をとる担保を、物的担保(物上担保)と呼びます。Wikipedia
を徴収しないのが基本であるかと思います。
したがって不動産を担保とする以上、無担保融資と同じ与信与信とは、 個人・法人に対してローンやクレジットなどの信用取引に係る信用を供与することです。現実的には金額の枠で示されることになります。与信枠「0」は、融資ができません、ということです。信用供与後の与信管理も重要で、貸金業法では極度方式基本契約を締結している個人顧客には、一定の条件下で途上与信を義務づけています。であっていいはずがありません。

私たちの仕事から知っていただく- 頼れるパートナーとして

不動産担保ローンとは

貸倒リスクの低減及び返済の確実性を高める、すなわち担保として不動産の提供を得て、低金利で担保余力に応じた高額融資のこと。

昭和49年、1974年にユーコーはスタートしました。当時は年率109.50%までの金利が認められ、貸金業の規制等に関する法律が昭和58年に施行される間、サラ金地獄といった悲惨な事象を産んでいました。何とか、安全で確実に低利な融資はできないものかと行き着く先は、不動産担保ローンでした。

資産である不動産を返済資力とするならば、これほどの返済能力はないではないかと、当時は考えていました。返済に不安がなければ金利を下げてでも融資できるわけです。

中小企業、個人の自営業者で従業員の給料やボーナスを一時捻出するために不動産担保ローンを利用していただいたものでした。当時としてはサラ金では貸し出しできない低金利でご融資をしてきたのです。

未来を、当社のこれからの姿

平成22年の貸金業法の完全施行で不動産担保ローン専業者をはじめ貸金業者は、貸出金利上限を15.0%(貸出額100万円以上)となり、金利では貸倒リスクをカバーできなくなりました。

史上最低金利が未だつづく現在、銀行をはじめ金融機関が不動産担保ローンを取り扱い、専業の不動産担保ローン業者は苦戦を強いられています。

銀行等の金融機関では真似できないローン商品やお客様対応が専業者には求められています。

お電話でのお申し込み 03-3354-7001

インターネットから
クリック お申し込み
  • 株式会社ユーコー
    東京都新宿区新宿3-35-4
    電話:03-3354-7001(代)
  • 貸金業登録番号
    東京都知事(12)第00821号
  • 宅地建物取引業免許番号
    東京都知事(11)第36082号
    (社) 全日本不動産協会会員
  • 金融ADR制度
    貸金業相談・紛争解決センター
リフォームローン専用サイト
競売不動産購入サイト

社員のブログ