用語の説明(持分融資)|不動産担保ローン・持分融資の株式会社ユーコー 

不動産担保ローンのユーコー

不動産担保でのご融資は、ユーコーで!

当社は創業以来43年間、不動産担保ローンを一筋、専業でやっています。だから、お客さまへのご対応が他業者様との違いがたくさんあります。持分融資の先駆者!

不動産担保融資の無料相談は、

月〜金9:00-18:00 貸金業務取扱主任者がご対応します。

  1. 現在位置:
  2.   
  3.   
  4. 持分融資

用語の説明

不動産担保ローンのご利用にあたり、これだけは押さえておきたい専門用語をご説明いたします。

持分融資

土地や建物の不動産を二名以上の者で所有している場合、すなわち不動産を共有している場合に共有者全員の意思によらず、一部の共有者の意思による合意で融資を行うことです。

例えば、父親からの相続した不動産が、相続人(母親、本人、弟、妹の4名の場合))各々に単独で分けられないときなど、一つまたは複数の不動産を法定相続で所有権持分2分の1を母親、6分の1を本人、弟、妹がそれぞれ所有(共有)することになります。本人が、事業資金使途目的で自分の持分6分の1の不動産を担保にローンを申込むようなことを持分融資といいます。

持分(共有関係)

共有物について各共有者が一定の割合で有する権利(持分権)、もしくはその割合自体をいいます。その割合は契約または法律の規定によって決定されますが、不明確な場合には各持分は相等しいものと推定されます(民法250条)。共有者は持分の割合に応じて使用収益できるし(同法249条)、持分権を他人に譲渡することもできます。

当社では、不動産の共有持分に対してご融資を行っていますのでご利用ください。

  • 株式会社ユーコー
    東京都新宿区新宿3-35-4
    電話:03-3354-7001(代)
  • 貸金業登録番号
    東京都知事(12)第00821号
  • 宅地建物取引業免許番号
    東京都知事(11)第36082号
    (社) 全日本不動産協会会員
  • 金融ADR制度
    貸金業相談・紛争解決センター
リフォームローン専用サイト
競売不動産購入サイト

社員のブログ