ブログ|不動産担保ローン・持分融資の株式会社ユーコー 

不動産担保ローンのユーコー

不動産担保ローン、そして当社を身近に!

普段に接客させていただいている語りことばで、当社のことをわかってもらいたい。どんどんご相談をお待ちしています。

不動産担保融資の無料相談は、

月〜金9:00-18:00 貸金業務取扱主任者がご対応します。

  1. 現在位置:
  2.   
  3.   
  4. アーカイブ 2016年9月

社員ブログ blog

競売不動産取扱主任者資格試験に挑戦

不動産担保ローンであってもお支払いが遅れてしまうお客様はいます。その遅れたお客様のなかに担保不動産の処分の判断が遅れて、猶予できる期間が過ぎてしまう場合、不動産競売という執行手続きに移行することがあります。

当社の場合、平成27年中に不動産競売を申立てた件数は4件です。その内3件は、途中で解決し競売を取り下げています。
平成28年中の申立0件です。実は、不動産競売に至る件数は非常に少ないのです。

わたしなどは、不動産競売の申立以降の管理をしていますので、実務で困ることはありません。わからないことは、インターネット情報や執行裁判所に問い合わせてすべて間に合います。
今まで必要と感じたことはありませんでしたが、「学習の秋」でもあり、今一度基本から勉強してみたいと思い、競売不動産の基礎知識のテキストを購入しました。試験は12月4日、願書締め切りは10月末です。集中してやるには短くていい時期です。合格発表は来年1月、いい結果をお伝えできるか…もう資格試験挑戦するしかありません。

競売不動産の基礎知識

by kaido


貸金業の登録(更新)

今年の夏は不規則な台風で東北、北海道に甚大な被害をもたらしました。被害にあわれた方々には、お見舞い申し上げます。
連日35℃を超える猛暑が思いの外少なく、9月に突入しました。何をするにもいい季節、秋です。今年後半も、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、今年後半は、貸金業の登録の更新と宅建業免許の更新が重なりました。前回重なったのが平成13年で15年前になります。
貸金業の登録の有効期間は3年、宅建業は5年ですから15年ごとに重なるわけです。思いは、貸金業の登録更新も5年にならないものかということです。貸金業者にとって登録の有効期間3年のメリットは何一つありません。行政も行政処分の伝家の宝刀がありますからメリットはない。あるとすれば貸金業の外郭組織といえる日本貸金業協会くらいでしょう。

貸金業の登録番号は、東京都知事(12)となります。業界では老舗の部類になるでしょうから、それに恥じない佇まいでこれからも不動産担保ローンの業務に邁進してまいります。

貸金業の登録更新に必要なため、撮影した事業所の建物外観写真

by kaido

前月のブログ

次月のブログ

お電話でのお申し込み 03-3354-7001

インターネットから
クリック お申し込み
  • 株式会社ユーコー
    東京都新宿区新宿3-35-4
    電話:03-3354-7001(代)
  • 貸金業登録番号
    東京都知事(12)第00821号
  • 宅地建物取引業免許番号
    東京都知事(11)第36082号
    (社) 全日本不動産協会会員
  • 金融ADR制度
    貸金業相談・紛争解決センター
リフォームローン専用サイト
競売不動産購入サイト

社員のブログ