豆知識(市街化調整区域についてA)|不動産担保ローン・持分融資の株式会社ユーコー 

不動産担保ローンのユーコー

当社は様々な資金ニーズに応える

ビジネスチャンスを活かしてほしい。どこかにヒントがありそうです。ごいっしょに探求してまいりましょう。

不動産担保融資の無料相談は、

月〜金9:00-18:00 貸金業務取扱主任者がご対応します。

  1. 現在位置:
  2.   
  3.   
  4. 市街化調整区域、ローンの対象とならない?(2)

不動産担保ローン豆知識

市街化調整区域、ローンの対象とならない?(2)

風景写真市街化調整区域は都市の健全な発展と計画的な街づくりを図るために、すなわち税金をより効率よく使って街づくりするために「市街化を抑制する区域」です。したがって、開発行為は認められません(原則)。不動産担保ローンの扱いも原則不可となります。よく、お客さまから「市街化調整区域だけど店舗は建てられます。」とか「市街化区域にも隣接してるので建物が建てられます。」とか話をされます。確かに原則ですから例外もあり、公益上必要な建築物と言ったりしますが「学校」や「病院」、社会福祉関係の施設などを指しますが、建築が不可能ではありません。また、日常生活に必要なコンビニエンスストアのような物販やガソリンスタンドなどの建物も建築は可能ですが、そのための厳しい要件がありますから、簡単には許可されません。
そして、やっとのことで市街化調整区域内で建築物の許可をとった土地、建物を担保に不動産担保ローンの利用だ出来ないのか?
答えは、限りなく「YES」なんです。
なぜか?
店舗や施設など用途が限られた建物というのは、不動産流通からみて非常に需要が限られるのです。したがって、流通性が悪いといわれて、担保力が弱いと判断されるのです。
では、市街化調整区域内の不動産は、不動産担保ローンの対象とはならないので、あきらめなくちゃいけないでしょうか?

お電話でのお申し込み 03-3354-7001

インターネットから
クリック お申し込み
  • 株式会社ユーコー
    東京都新宿区新宿3-35-4
    電話:03-3354-7001(代)
  • 貸金業登録番号
    東京都知事(12)第00821号
  • 宅地建物取引業免許番号
    東京都知事(11)第36082号
    (社) 全日本不動産協会会員
  • 金融ADR制度
    貸金業相談・紛争解決センター
リフォームローン専用サイト
競売不動産購入サイト

社員のブログ