豆知識(投資用収益不動産の魅力)|不動産担保ローン・持分融資の株式会社ユーコー 

不動産担保ローンのユーコー

当社は様々な資金ニーズに応える

ビジネスチャンスを活かしてほしい。どこかにヒントがありそうです。ごいっしょに探求してまいりましょう。

不動産担保融資の無料相談は、

月〜金9:00-18:00 貸金業務取扱主任者がご対応します。

  1. 現在位置:
  2.   
  3.   
  4. 投資用収益不動産の魅力

不動産担保ローン豆知識

知っておこう・・投資用収益不動産の魅力

不動産担保ローンを利用して、銀行ローンを活用することで不動産活用ができないものかを考えました。住んでいる家の住宅ローンは終わっており、担保余力があるので、それを元手にして投資物件の購入を計画したのです。先行きは不安定ですから、不労所得として副収入が得られるようにしておくことは盤石な人生設計を築くためにも必要不可欠であると思ったからです。

持ち家を担保に不動産担保ローンを利用し、さらに購入予定の収益投資用の不動産で銀行ローンを組めるように行っていきました。どうしても購入不動産の代金と諸費用の全額は銀行ローンではカバーできません。30代の時に購入した物件ですが、資産が資金に替わるという意味ではという意味では、ここで大いに役立ちます。投資用不動産っを購入することで家賃収入分はローンの返済に充てられていきますが、借入金も着実に減っていくことになり、資金が資産に変換していくことにもなります。何よりも、確定申告時における支払利息や減価償却で経費計上ができるメリットが大きいですね。そのメリットを考えれば現在の税制が変わらない限り、繰り上げ返済で借入金を返済する必要はありません。将来については、不動産を売却してキャピタルゲインを得ることもでき選択肢が増えます。

何も考えずに物件を建てても賃貸収入は得られないので、どのような間取りが好まれるのかといったことを統計で調べたり、周辺住民の年齢構成といったものを調査していきました。学生や一人暮らしの物件が不足しているということが分かったので、ワンルームを中心とした集合住宅が最適であろうという判断を下したのです。具体的な運営計画や委託契約などについてまとめた上で書類審査を行い、一月後には融資を行ってもらうことができました。そこから施工や広告出稿などを行い、半年ほどで環境を整えていったという感じです。管理などについては管理会社に委託していますし、権利として持っているだけなので普段の生活には何も負担を与えないということが良いと感じています。

収入がきちんと安定しているうちに副収入のあてを作ることができて良かったなあと思っています。プラスになれば良いですし、トントンといったところでも税金的には良い状態を作ることができるので結果としてはプラスとなります。何より不動産担保ローンを契約する中で大きなお金の動かし方や契約の仕方についても学ぶことができ、担当の方も親切だったのが良かったです。より意識して行う範囲が広くなったので普段使うお金などについてもより慎重かつ大胆に進められるようになったのは、思わぬ波及効果だなと感じています。

お電話でのお申し込み 03-3354-7001

インターネットから
クリック お申し込み
  • 株式会社ユーコー
    東京都新宿区新宿3-35-4
    電話:03-3354-7001(代)
  • 貸金業登録番号
    東京都知事(12)第00821号
  • 宅地建物取引業免許番号
    東京都知事(11)第36082号
    (社) 全日本不動産協会会員
  • 金融ADR制度
    貸金業相談・紛争解決センター
リフォームローン専用サイト
競売不動産購入サイト

社員のブログ