豆知識(根抵当権について)|不動産担保ローン・持分融資の株式会社ユーコー 

不動産担保ローンのユーコー

当社は様々な資金ニーズに応える

ビジネスチャンスを活かしてほしい。どこかにヒントがありそうです。ごいっしょに探求してまいりましょう。

不動産担保融資の無料相談は、

月〜金9:00-18:00 貸金業務取扱主任者がご対応します。

  1. 現在位置:
  2.   
  3.   
  4. 根抵当権

不動産担保ローン豆知識

知っておこう・・根抵当権

ビジネスに際して不動産担保ローンを設定するならば、根抵当権という概念はどうしても知っておかなければなりません。

簡単に言えば金融機関や専業の不動産担保ローン会社が特定の会社、事業者への融資全般において抵当権を設定したい場合こそ根抵当権が利用されるということです。あるローン会社が同じ会社に向けた不動産担保ローンを複数行う場合、個別に特定の債権を設定するのは登記費用の無駄にもなり、抵当不動産に後順位抵当権が設定されていた場合には新たな抵当権が当該抵当権に劣後することになって担保としての実用性に欠けてしまいます。そんな時にこそ根抵当権を利用することが勧められます。私が実際に行っている出版社の話をすると、月々の製品の売れ行きを見ては随時機動的に小口の融資を行う形式を採用しているので、根抵当権という単語自体どうしても無視できません。

登記簿の見栄え、言い換えれば何番も抵当が入っていることで金融機関から信用されなくなることを防ぐ効果も持っており、逆に言えばこれを知っておかなければ取引の面で致命的な不利に見舞われるでしょう。特に複数の金融機関と取引する場合は絶対に普通抵当権との違いを知っておくべきです。根抵当権を利用した際の便利さを実体験に基づいて表現すると、同じ融資先にその都度登記簿を見せる必要が無いことが嬉しいところです。普通抵当権の場合は設定する度に登記簿を確認されるので、その都度痛くもない腹を探られる煩わしさが無くなる点で有用です。

不動産担保ローンには法律や不動産に関する知識がどうしても必要であり、そしてそうした知識は実際に利用する機会を得る見込みがない限り身に付かないのも実際です。

お電話でのお申し込み 03-3354-7001

インターネットから
クリック お申し込み
  • 株式会社ユーコー
    東京都新宿区新宿3-35-4
    電話:03-3354-7001(代)
  • 貸金業登録番号
    東京都知事(12)第00821号
  • 宅地建物取引業免許番号
    東京都知事(11)第36082号
    (社) 全日本不動産協会会員
  • 金融ADR制度
    貸金業相談・紛争解決センター
リフォームローン専用サイト
競売不動産購入サイト

社員のブログ